Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

銀行から推薦、使用を指示されるインターネットバンキング専用セキュリティソフトは使用しなくていい

銀行から推薦、使用を指示されるインターネットバンキング専用セキュリティソフトがありますが、使用しなくていいです。ただし条件あり。

専用セキュリティソフトは、「PhishWall」、「Rapport」、「SaAT Netizen」、などがあります。

 

説明

銀行から推薦、使用を指示されて使用している人はいるようですが、使用しなくても問題ありません。

全くセキュリティ対策をしていない(セキュリティソフトを使用していない)場合は、被害に遭った場合に保証されないなどがあると思いますが、一般的なセキュリティソフトを使用していれば、専用のセキュリティソフトを使用していなくても基本的に保証されるようです。

ただし、インターネットバンキングなどの保護機能がない無料のセキュリティソフトを使用している場合は、保証されなかったり保証額が下がる可能性が高くなるかもしれません。

セキュリティ対策をしていても全額保証されるわけではないようです。高額な被害に遭う人もいるので、しっかりした対策をとっておいたほうがいいでしょう。

 

インターネットバンキング専用のセキュリティソフト

PhishWall

PhishWallには2種類あります。「PhishWallプレミアム」は利用者のパソコンで使用するもので、「PhishWallクライアントレス」は銀行サイト側で使用されるものです。それぞれ機能は違います。

PhishWallプレミアム」の機能は、正規の銀行サイトかの判別、MITB攻撃対策、です。

Rapport

インターネットバンキングを狙うマルウェアから保護します。

SaAT Netizen

インターネットバンキングを狙うマルウェアから保護します。特定のウェブサイトを開いている時に動作します。

 

使用しなくていい理由

有料の一般的なセキュリティソフトを使用していれば、インターネットバンキングやネットショッピングなど、インターネットを利用する上で必要な保護機能が備わっているからです。

ただし、無料のセキュリティソフト(Windows Defenderも含む)だと、インターネットバンキングやネットショッピングなどの保護機能はありません。無料のセキュリティソフトだと大幅に被害に遭う可能性が高まります。その場合はインターネットバンキング専用のセキュリティソフトを使用したほうがいいでしょう。

ですが、限定的な保護しかしないので、保護対象になっていない攻撃(手法)からは保護できない可能性が高いと思われます。

年々手口や攻撃手法が巧妙化していて、高い知識がなければ気づくことができないほど高度になっています。

銀行サイトが改ざんされる可能性は低いですが、可能性が全くないわけではありません。その場合でも保護できるようにしておく必要があります。

インターネットバンキングやネットショッピングを利用していたり、個人情報を扱う場合は有料のセキュリティソフトを使用したほうがいいです。

 

一般的なセキュリティソフトのほうが優秀

インターネットバンキング専用のセキュリティソフトよりも、一般的なセキュリティソフトのほうが対応力や性能は上です。

一般的なセキュリティソフトには、インターネットバンキングやネットショッピング専用のブラウザがあります。一般的なブラウザは他のソフトウェアが(マルウェアも含む)情報を抜き取るなど、悪意のあることをすることができます。専用のブラウザはそれらから保護することもできます。

総合的に考慮するとインターネットバンキング専用のセキュリティソフトよりも、一般的なセキュリティソフトのほうが優秀です。