Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「Kaspersky Free」の使い方と性能評価 - 無料のセキュリティソフト

無料のセキュリティソフト「Kaspersky Free」を紹介します。

 

情報

種類:セキュリティソフト

料金:無料

開発:Kaspersky Lab

対応OS:Windows

広告:なし

日本語:なし (一応日本語化可能)

 

説明

Kaspersky Freeは有料製品を機能制限したのもで、個人に限り無料で利用することができます。

Kaspersky製品は評価機関でのテストでは検知性能や駆除性能など、総合的に高い評価と性能となっています。

アドウェアやPUPは弱いとされていますが、これらはマルウェアではないですし、基本的にどのセキュリティソフトでも多くは検知しません。フリーソフトなどの使用を気をつけていれば大きな問題はありません。

ブラウザの拡張機能を使用しなくても危険なウェブサイトから保護することができ、Google Chromeだけでなく、Microsoft EdgeInternet Explorerなど(全て?)のブラウザに対応しています。一部のブラウザに関しては拡張機能もあり、トラッキングなどをブロックしたりもできます。

 

機能

・File Anti-virus (マルウェア対策)

・Web Anti-Virus (危険なウェブサイトやファイルのダウンロードをブロック (Google ChromeMicrosoft EdgeInternet Explorerなど(全て?)のブラウザに対応))

・IM Anti-Virus (インスタントメッセージ保護)

・Mail Anti-Virus (メール保護 (マルウェアの保護のみ))

Kaspersky Secure Connection (VPN (暗号化して通信する機能)、1日300MBまで)

 

ウェブサイト

「Kaspersky Free」のダウンロードページ

 

性能評価

性能評価

 

ダウンロードとインストールと登録

ダウンロードとインストール方法 - 英語のまま使用する場合

日本語化する方法 - 日本語化して使用する場合

 

使い方

更新方法

保護機能の無効化と有効化

File Anti-virusの設定方法 - マルウェア対策機能の設定方法です。

Web Anti-Virusの設定方法 - ウェブ保護機能の設定方法です。

Mail Anti-Virusの設定方法 - メール保護機能の設定方法です。

除外設定の方法 - 安全なファイルを誤って検知する場合に、検知しないように除外する方法です。

スキャン方法 - マルウェアに感染していないかを調べます。

検知した時の表示と対処法 - 危険なウェブサイトやマルウェアから防いだ時の表示と対処法です。

隔離されたファイルの処理方法 - 安全なファイルを誤って検知して隔離された場合の復元、隔離されたファイルの削除、をするための方法です。

Kaspersky Secure Connectionの使い方 - VPN機能です。通信を暗号化するので安全に通信できます。