Kaciy Discovery

自作ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、などを書いていきます。現在は別のブログから記事を移行中です。

お勧め、お勧めしないセキュリティソフト有料と無料 (Windows)

お勧め、お勧めしないセキュリティソフトを紹介します。

 

評価について

私の意見、セキュリティソフトを評価している機関、ネット上の評価、など総合的に判断しています。

動作の軽さは評価していません。理由はパソコンとの相性関係があるからです。相性が良ければ軽く悪ければ重いので、それぞれのパソコンで大きく違います。ネット上には軽い重いなど様々な意見がありますが、ネット上の書き込みは全く参考になりません。

 

無料のセキュリティソフトはお勧めしない

無料のセキュリティソフトはいくつもありますが、どれも機能制限があり有料と比べて機能が少なくなっています。機能が少ないので、保護できてない部分を狙われれば高い確率で被害に遭います。

例えば、ネットショッピングやオンラインバンキングを利用しているのであれば、それらの保護機能が無ければ保護できないので狙われた場合に被害に遭う可能性が高まります。それ以外の機能も同じです。

個人情報やお金関係(オンラインバンキングや株取引など)を扱っているのであれば被害に遭ってからでは遅いので、総合的に保護できる有料のセキュリティソフトを使用することをお勧めします。

個人情報やお金を扱わなくても、パソコンに不慣れな人は被害に遭った時に対処できない場合が多いようです。最近は攻撃が高度になっているので上級者でも被害に遭ったり対処が難しくなっています。そのような場合にサポートが必要ですが、無料のセキュリティソフトにはサポートはないので、不慣れな人はサポートが付いている有料のセキュリティソフトを使用したほうがいいです。対処できずに業者に依頼して高額な請求になる場合もあるようです。有料のセキュリティソフトを使用していれば無料でサポートを受けられるので、結果的に安く済む場合もあります。

無料のセキュリティソフトで保護機能があったとしても、有料だと多層的に防衛できるのでどれかの保護機能が防いでくれる可能性が高いですが、無料だと多層的に防衛できないので有料と比べて保護性能が低くなり、攻撃を防げない可能性が高まります。

評価機関が公表しているデータがありどれも高い検出率になっていますが、時間が経ったものをテストしていたりがあります。どれだけ素早く対応できているのか、発見されていない未知のマルウェアをどれだけ検出できるのか、などはテストされていなかったりします。評価機関が公表しているデータはある程度は参考になりますが、最新のマルウェアや未知のマルウェアに対してはあまり参考になりません。どれも性能は同じと考えないほうが良いです。

知識があるのであれば無料のセキュリティソフトでも、複数のソフトウェアを組み合わせることである程度対策ができますし、何かあっても対処できると思いますが、ほとんどの人はそうではないと思います。

様々なことを考慮すると、有料のセキュリティソフトを使用したほうが良いと私は思います。

 

有料

Kaspersky (カスペルスキー)

お勧め。

・総合的に優れた性能。評価機関や個人から高い評価を得ている。

・発見されていないマルウェアに強い。

・新種が登場しても検出対応がとても速い。

・機能が豊富なので多くの種類の攻撃に対処できる。

・サポート体制はしっかりしていて、技術的にも対処できるとの情報あり。

 

Bitdefender (ビットディフェンダー)

お勧め。

・総合的に優れた性能。評価機関や個人から高い評価を得ている。

・発見されていないマルウェアに強い。

・新種が登場しても検出対応がとても速い。

マルウェアを検知するエンジンは他社の多くの製品に搭載されている。

・総合的にはKasperskyのほうが優秀ですが、それに次ぐ性能と言っていいと思います。

 

ZERO スーパーセキュリティ

お勧め。

Bitdefender製品と同じもの。

・新製品はBitdefender製品と比べて遅れて発売・公開されるので、新機能が使えるまで待つ必要がある。

・価格が安く同じパソコンであれば更新は永久無料です。

ソースネクストが開発しているわけではないですし、しっかりしたサポート体制ではないようなので、技術的なサポートは期待できない。サポートが必要な人には向かない。

 

ESET

お勧め。

・総合的に優れた性能。評価機関や個人から高い評価を得ている。

・開発はESET、販売とサポートはCanonが行っています。サポート体制はしっかりしていて開発元のESETとの連携もできているようなので、安心して使えると思います。

 

ノートン

お勧め。

・総合的に優れた性能。評価機関や個人から高い評価を得ている。

・誤検知が多い。

・サポート体制はあまり良くないとの情報が多いようですが、遠隔操作による駆除サービスがあるなど、指示を受けるだけでは分からない人には良いと思います。

 

PC Matic

上級者はお勧め、それ以外はあまりお勧めできない。

ホワイトリスト方式も採用しているので適切に使えばマルウェアを100%防げる。

・ドライバやソフトウェアの自動更新機能があるので脆弱性対策ができる。

ホワイトリスト方式は未確認のプログラム(ソフトウェア)が実行されようとすると動作させるかの確認があり、安全なのか危険なのか自分でも判断する必要があり、安易に使用すると逆にセキュリティリスクが高まってしまいます。

*一時ファイルなど不要なファイルの削除、OS/アプリケーション起動高速化、メモリ最適化、デフラグ、などパソコン快適化機能があります。ただし、これらも注意しないとパソコンに悪影響になる場合もあるので、注意が必要である程度知識がないと危険です。

 

マカフィー (McAfee)

積極的なお勧めはできない。

・性能は良い。ただし、性能の良い他のセキュリティソフトと比べて少し低いとの情報あり。

 

G Data

積極的なお勧めはできない。

マルウェアの検知性能は良い。

・総合的な性能は低め。

 

F-Secure

積極的なお勧めはできない。

マルウェアの検知性能は良い。

・総合的な性能は微妙。

*以前日本法人(社員)が問題を起こしているなどで評判はあまり良くないですが、かなり前ですし、今は問題が起こらないような対策が取られているはずなので、気にしなくてもいいのではと思います。製品自体は問題ありません。

 

ウイルスバスター

積極的なお勧めはできない。

マルウェアの検知性能はとても高い。

・一部では発見されていないマルウェアに弱いとの情報あり。

・独自のファイアーウォール機能がないなど、総合的な対策をしたい場合には向かない。

・日本での利用者は多く、サポート体制や日本語の情報が多いなどを考慮すると、何かあった場合でも安心できるのではと思います。

 

Dr.Web

積極的なお勧めはできない。

・性能は平均的?

・日本での知名度は低いですし、日本語サイトでも一部英語になっているなど不親切な部分があるので、初心者向きではないように思います。

 

Emsisoft Internet Security

積極的なお勧めはできない。

マルウェアの検知性能は高い。ウイルス定義での対応は少し悪いようですが、ヒューリスティックやビヘイビアブロッカー(動作検知)が優秀なので、マルウェアの総合的な検知性能は高いと言っていいと思います。

ファイアウォール性能はとても高い?提供はされなくなりましたが「Emsisoft Online Armor」はとても高い性能と評価されていたので、同程度の性能はあるのではと思います。

・機能が少ないので幅広い対策ができない。

 

Malwarebytes

保護目的での使用はあまりお勧めできない。

マルウェアの検知性能は高い。特にアドウェアやPUPは多く検出する。

・機能が少ないので幅広い対策ができない。使用するのであれば保護機能の無い無料版で、ダウンロードしたファイル(ソフトウェアなど)をスキャンして安全性を確かめる目的での使用が良いと私は思います。

・不具合が発生することが多く、安定性に問題があるとの情報あり。

 

SecureAPlus

積極的なお勧めはできない。

ホワイトリスト方式も採用しているので適切に使えばマルウェアを100%防げる。

・12のエンジン(マルウェアを検知するためのもの)を搭載している。

ホワイトリスト方式は未確認のプログラム(ソフトウェア)が実行されようとすると動作させるかの確認をする必要があり、安全なのか危険なのか自分でも判断する必要があり、安易に使用すると逆にセキュリティリスクが高まってしまいます。

*多くのエンジンを搭載していてもウイルス定義の更新が遅かったり、情報量が少ないと検出数は少なくなりますし、多くのエンジンを搭載しているので誤検知が多い可能性があり、スキャンはとても遅いです。

*リアルタイム保護に使用しているエンジンは1つだけで、性能の低いものになっています。性能の良いエンジンが使用されていれば一応お勧めはできるかもしれませんが、そうではないので保護性能は高くはないように思います。

 

Panda Internet Security

お勧めできない。

マルウェアの検知性能は良い。

・機能が少ないので総合的な対策をしたい人には向かない。

 

K7 Total Security

お勧めできない。

・性能は良くなってきているとの情報ありますが、新種に素早く対応できているかは疑問です。

 

ALYac Internet Security Pro

お勧めできない。

・性能は低い。

・独自エンジン「ESTsecurity」、Bitdefenderのエンジン、Sophosのエンジン、を搭載していますがマルウェアの検知性能はあまり良いとは言えない。

・機能が少ないのでしっかりした対策はできない。

 

ZERO ウイルスセキュリティ

お勧めできない。

・性能は低いです。私がテストした結果では、危険なウェブサイトはほとんど防いでくれませんでしたし、マルウェアの検知性能も頼りにならない数しか検出できませんでした。

・価格が安く同じパソコンであれば更新は永久無料。

・「K7 Total Security」を開発している「K7 Computing」が開発。「K7 Total Security」とは別物なので性能が同じではない可能性あり。

ソースネクストが開発しているわけではないですし、しっかりしたサポート体制ではないようなので、技術的なサポートは期待できません。サポートが必要な人には向きません。

 

無料

Windows Defender

お勧めしない。

Windowsに標準で搭載されているセキュリティ機能です。マルウェア対策機能だけしかなく、危険なウェブサイトをブロックする機能や、マルウェアのダウンロードをブロックする機能は付いていません。

ウェブ関連の保護機能が無いので危険なウェブサイトや外部からの攻撃は防げないので、インターネットの利用時には向かないセキュリティ機能になっています。

さらに、セキュリティソフトを評価している機関での評価では、誤検知(安全なファイルを誤って検出する)が多いと評価されています。更新に失敗するとの情報が多く、未知の(新種)マルウェアの検知性能が低いようです。評価機関での検出率では高くなっていますが、時間が経ったマルウェアをテストしているなどが理由で高い検出率になっていますが、発見されて間もないなどの新種のマルウェアには弱く検出率は低くなります(私が何度もテストして確認済みです)。次々と新しくマルウェアが登場しているので、時間が経って検知対応しても手遅れになってしまいます。

最近は署名されたマルウェアが増えていて、Windows Defenderは署名されたファイルは検査(スキャン)せず検知できないとの調査結果があります。

様々なことを考慮するとお勧めはできません。

性能評価ページ

 

Kaspersky Free

お勧め。

カスペルスキー製品は評価機関だけでなく個人のセキュリティ評論家などからも常に高い評価を得ています。危険なウェブサイトから保護する機能やメール保護やインスタントメッセージ保護機能があり、VPN機能も付いているなど多くの機能があります。

無料版のAviraやアバストには危険なウェブサイトから保護する機能が付いていませんが、Kaspersky Freeには付いていこともあり(Microsoft Edgeなどにも対応)機能面や性能に限れば個人的には無料版では一番お勧めです。Aviraやアバストでも拡張機能を使用すれば保護できますが、Google Chromeなど一部のブラウザしか使えません。危険なウェブサイトのブロック機能は最近では特に重要になっているので、拡張機能がなくても保護できるほうがいいと思います。

ファイアウォールはないので別にファイアウォールソフトウェアを使用する必要があります。Comodo Firewallとの相性は悪いようです。

紹介ページ

 

Bitdefender Antivirus Free Edition

お勧め。

日本語はありませんがマルウェア対策だけでなく、ブラウザの拡張機能を使用しなくてもフィッシングサイトなど危険なウェブサイトから防ぐ機能があり、マルウェアの侵入も防いでくれます。ブラウザはGoogle Chrome以外にもMicrosoft Edgeなどにも対応しているなど、ある程度しっかりした対策ができます。

ファイアウォール機能はないので別にファイアウォールソフトウェアを使用する必要があります。

紹介ページ

 

Avira Free Antivirus

お勧め。

日本語に対応しています。

評価機関での検出率は常に上位を維持しています。ブラウザに拡張機能を追加することで危険なウェブサイトから保護してくれます。

ファイアウォール機能はないので(Windows Firewallの管理機能はある)別にファイアウォールソフトウェアを使用する必要があります。

紹介ページ

 

アバスト 無料 アンチウイルス

お勧め。

日本語に対応しています。

無料版は機能制限があります。無料版の中では機能が多く、高い検出性能です。ただし、誤検知が多く、問題が発生することが多いので注意が必要です。ブラウザに拡張機能を追加することで危険なウェブサイトから保護してくれます。

ファイアウォール機能はないので別にファイアウォールソフトウェアを使用する必要があります。

紹介ページ

 

AVG アンチウイルス 無料版

お勧め。

日本語に対応しています。

お勧めですが、将来的にアバストに統合される予定のようなので、今から検討しているのであれば他のセキュリティソフトを使用したほうがいいと思います。

 

Comodo Internet Security

お勧め。

公式には日本語に対応していませんが、個人が作成している言語ファイルを追加することで日本語に対応できます。

ある程度総合的な対策ができる数少ないセキュリティソフトです。マルウェアの検知性能は最近上がってきましたがまだ少し低いようです。ただし、ファイアーウォールに関しては、無料のセキュリティソフトでは性能が高いとの評価があります。HIPSも優れていて、適切に使えばAviraやアバストなどよりも防げると思います。

紹介ページ

 

FortiClient

お勧め。

日本語に対応しています。

マルウェアの検知性能は良く、危険なウェブサイトから保護する性能も良い方だと思います。無料のセキュリティソフトの中では珍しく、特定の種類のウェブサイト(有害サイトなど)を開けないようにするウェブフィルタリング機能があります。完ぺきとは言えませんが、日本のウェブサイトにもしっかり対応できているように思います。

企業向け製品を開発しているベンダ(セキュリティ企業)になります。

紹介ページ

 

Sophos Home

お勧めできる。

性能は良いほうです。危険なウェブサイトからの保護、特定の種類のウェブサイト(有害サイトなど)を開けないようにするウェブフィルタリング機能、もあります。

性能や機能面ではお勧めできますが、設定の変更はウェブサイトからアカウントでログインする必要があり、面倒な部分がある(操作は簡単)、アカウント情報が盗まれれば簡単に設定を変えられてしまう危険性がある、などいくつか問題もあります。ウェブサイトから設定を変更できるので、例えば子供のパソコンの(Sophos Homeの)設定を他のパソコンから変更することができるので、安心して使わせることができると思います。

企業向け製品を開発しているベンダ(セキュリティ企業)になります。

紹介ページ

 

McAfee Cloud AV

積極的なお勧めはできない。

日本でも有名なマカフィーが開発している無料のセキュリティソフトですが、一部では文字化けするようですし(私のパソコンでも文字化けしました)、性能は少し低めなので積極的なお勧めはできません。

危険なウェブサイトから保護する機能があるので、ある程度は安心できるのではと思います。

 

360 Total Security

一応お勧めはできる。

性能で高い評価を得ているAviraBitdefenderのエンジンを搭載していますが、検知性能ではAviraBitdefender製品のほうがいいので、これらのエンジンを搭載しているからといって性能が良いとは限りません。それ以外にも独自のエンジンも搭載しています。

サンドボックス、危険なウェブサイトからの保護、Wi-Fiスキャン、最適化関連、など無料のセキュリティソフトの中では機能が豊富なので幅広い対策ができます。ただし、高い性能があるとは言えない部分もあるので、一応お勧めはできますがAviraBitdefenderのほうが良いように思います。

紹介ページ

 

ZoneAlarm Free Antivirus

一応お勧めはできるけど微妙。

性能は良いようですが、ファイアーウォールに関しては有料版と比べて性能差があるとの情報がありお勧めできるかは微妙です。

ファイアウォール機能だけの「ZoneAlarm Free Firewall」もあります。

 

Panda Free Antivirus

お勧めはできない。

性能は悪くはないですがお勧めできるほどではないですし、機能が少ないのでしっかりした保護は期待できません。

紹介ページ

 

Adaware Antivirus Free

お勧めできない。

性能や機能面はあまりお勧めできません。

 

Baidu Antivirus

お勧めできない。

性能面でも機能面でもお勧めできません。

2015年版からアップされていないですし、どの程度開発されているのか疑問です。

 

KINGSOFT Internet Security

お勧めできない。

2017年版からAviraのエンジンが無くなり大幅に性能が落ちました。「ネットセキュリティブログ」で「2015」と「2017」の検出率の比較が紹介されています。

紹介ページ