Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「Windows Defender」で検疫(隔離)されたファイルを削除及び復元する方法

Windows Defender」で検疫(隔離)されたファイルを削除及び復元する方法を紹介します。

Windows 10 April Update 2018のWindows Defenderで説明します。

 

説明

マルウェアが検疫(隔離)されると安全に保管されます。

検疫されたままでも問題はありませんが、気分的にいいとは言えません。

マルウェアではない安全なファイルが誤って検知され検疫されてしまう場合があり、ファイルを復元する必要があります。

そこで、削除と復元する方法を紹介します。

 

検疫されたファイルを削除及び復元する方法

f:id:kaciy_discovery:20180609134602j:plain

「ウイルスと脅威の防止」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180609134627j:plain

「脅威の履歴」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180609134712j:plain

検疫されたファイルを全て削除する場合は「すべて削除」を押します。

復元したり個別に削除する場合は項目を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180609134840j:plain

復元か削除を選択できます。