Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

パソコンやスマートフォンでの写真や文書などのファイルの保存方法 - 大切なファイルを失わないためにも重要

パソコンやスマートフォンを使用していると、写真や文書などのファイルを保存します。

ですが、保存場所を気にしていない人は多いのではないかと思います。

そこで、ファイルをどのように保存すればいいのかを紹介します。

 

保存場所は?

ファイルを保存する方法(場所)は複数あります。

 

パソコンやスマートフォン

●メリット

・追加費用なしに保存することができる。

・簡単に保存できる。

●デメリット

・パソコンやスマートフォンが故障した場合に、ファイルを取り出すのが大変で、場合によってはファイルを取り出せず諦めないといけない。

・常にファイルにアクセスできる状態なので、マルウェア感染によりファイルの書き換えなどをされると、ファイルを復元できない可能性がある。

 

外付けハードディスクやUSBメモリやSDカード

●メリット

・パソコンが故障してもファイルは外部に保存しているので安心。

・別のパソコンにファイルを移すことができる。

・バックアップとして使うことができる。

・パソコン内の記憶容量が足りない場合に、追加の保存場所として使うことができる。

●デメリット

・外付けハードディスクやUSBメモリを購入する必要があるので費用が掛かる。

・最近は小型なのでほとんど気にならないとは思いますが、置き場所が必要。

 

クラウドストレージ

●メリット

・パソコンが故障してもファイルは外部に保存しているので安心。

・サービスによっては無料でも使えるプランがある(個人のみ)。

クラウドストレージサービスはデータ破損対策がされているので(別の場所にバックアップを保存しているなど)、保全性が高い。

・別のパソコンやスマートフォンからでも、インターネットに接続していればファイルにアクセスできる。

・不特定多数の人にファイルを公開することができる。

・変更履歴を管理でき、過去の編集前のファイルに戻すことができる (機能があるサービスのみ)。

●デメリット

・セキュリティの不安がある。(クラウドストレージサービスによっては、セキュリティ対策がしっかりされていない場合がある。利用者側からアカウント情報が漏れてファイルにアクセスされてしまう可能性があり、利用者もしっかりしたセキュリティ対策をする必要がある。)

・インターネットに接続している必要がある。

・一部を除いて、ファイルを開いたり編集する場合は、ダウンロードしてパソコンやスマートフォンに保存する必要がある。サービスによってはアプリ及びブラウザ上からファイルを開いたり、編集することができる(対応しているファイルのみ)。

・利用するには無料プランを除いて費用が掛かる。

 

バックアップは重要 (大切及び重要なファイルは別の場所にも保存をしよう)

パソコンやスマートフォン内に保存すると故障した場合に困ります。取り出すことはできますが大変ですし費用が掛かります。破損及び劣化がひどく取り出すことができない場合もあります。

さらに、マルウェアにファイルを書き換えられたり削除される危険性があります。ランサムウェアにファイルを書き換えられ、大切な亡き家族の写真を失った人など、被害に遭っている人はとても多いです。

大切な写真が無くなってしまったら辛いですし、企業だと大きな損失になる場合もあります。

バックアップをしておくことでファイルが無くなったとしても、バックアップから取り出すことができます。

大切及び重要なファイルは費用が掛かってでも、2重3重に保存しておくと安心です。

ただし、外付けハードディスクの場合は接続している状態だと、バックアップファイルにアクセスできる状態なので、マルウェアに書き換えられてしまう可能性があります。バックアップをする時以外は接続しないようにしておくことが重要です。

 

外付けハードディスクとUSBメモリについて

USBメモリやSDカードは最近は大容量化していますが、ハードディスクのほうが容量は大きいです。USBメモリやSDカードは小型ですが、容量を比較するとハードディスクと比べて高額です。

スマートフォンに関しては外付けハードディスクやUSBメモリは接続できないので(ただし、条件によっては接続できる)、SDカードを使用する必要があります。

最近は外付けのSSDもあります。SSDはハードディスクと比べて高速に読み書きができますが、高額になりますし容量は少ないです(最近は大容量も登場しています)。

 

メーカーによって品質が違い、故障率などが違います。

日本の大手メーカー、サンディスク、ウェスタンデジタル (Western Digital)、がいいようです。

ちなみに、ハードディスクの故障率はHGST(日立)製が一番故障率が低いようです。

 

オンラインストレージのおすすめ

無料で利用できるサービスで、無料プランのみを紹介します。

 

Google ドライブ

容量:15GB

共同編集:可能

共有:可能

・有料プランは容量が増える。

・セキュリティがしっかりしている。

・ウェブ上で利用するアプリを使用することで、様々な機能を追加できる。

 

OneDrive

容量:5GB

共同編集:可能

共有:可能

・有料プランは容量が増え、追加機能がある。

・セキュリティがしっかりしている。

・Office OnlineでOfficeファイルの閲覧/編集が可能。ただし制限がある。

 

Box

容量:10GB (1ファイル250MBまで)

共同編集:可能

共有:可能

・有料プランは容量が増える。

・セキュリティがしっかりしている。

・大企業も含めて企業での利用が多い。

・企業向けプランは機能が豊富。

 

どれも企業での利用が多いので、企業で求められている品質はあると思われます。セキュリティや安定性なども含めて総合的に判断すると、どれも安心して使えると思います。

セキュリティがしっかりしていないサービスもあるので、しっかりしたセキュリティ対策及び機能があるかを調べてから利用するといいでしょう。

容量が少なくても足りる場合は無料プランでも十分ですが、多くの容量が必要な場合は有料プランが必要になります。