Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「Windows Defender」でマルウェアが検知された場合の表示

Windows Defender」でマルウェアが検知された場合の表示(対処法)を紹介します。

Windows 10 April Update 2018のWindows Defenderで説明します。

 

コントロールされたフォルダーアクセス(ランサムウェアの防止)機能による保護

f:id:kaciy_discovery:20180511223229j:plain

保護しているフォルダ(中にあるファイルも含む)に許可していないアプリがアクセスしようとすると、ブロックしてアクセスできないようにします。

もしアクセスさせたい場合は設定して許可させる必要があります。

 

リアルタイム保護機能でマルウェアが検知された

f:id:kaciy_discovery:20180511223552j:plain

マルウェアが検知された場合はこのように表示されます。

自動で駆除(削除又は隔離)されるので、何もする必要はありません。

ただし、他にも感染していて検知できていない可能性があるので、不安な場合は「オフラインスキャン」や他のセキュリティソフトでスキャンするといいでしょう。

スキャンと駆除のみできるソフトウェアは、各社から無料で提供されている場合が多いです。

 

f:id:kaciy_discovery:20180511224502j:plain

マルウェアが検知されるとこのようなものが表示される場合があります。

マルウェアの中には再起動しないと駆除できないものがあり、その場合は再起動する必要があります。