Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「Windows Defender」で検体を送信する方法 - ファイルの安全性を調べてもらいたい、マルウェアだから検知対応して欲しい

Windows Defender」で検体を送信する方法を紹介します。

Windows 10 April Update 2018のWindows Defenderで説明します。

 

説明

安全なのか分からないから調べてもらいたい、マルウェアなのに検知しないから検知するように対応して欲しい、などの場合があると思います。

検体(ファイル)を送信することができ、マイクロソフトにファイルを調べてもらうことができます。

安全と判断されれば何もされませんが、マルウェアと判断されると検知できるように対応されます。

 

*グレー(判断が難しい)のものや基準に満たない場合は、検知対応されない場合があります。

 

検体を送信する方法

f:id:kaciy_discovery:20180505184205j:plain

「ウイルスと脅威の防止」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180505193716j:plain

「ウイルスと脅威の防止の設定」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180512190015j:plain

「サンプルを手動で送信する」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180512190051j:plain

ウェブページが開かれます。

個人の場合は「Home customer」を選択します。

「Continue」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180512190211j:plain

アカウントを指定する場合は「Sign in」、匿名の場合は「Skip」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180512190329j:plain

「*」が付いている項目は必須なので、入力及び選択してください。

「Select the file」はファイルを選択します。「Select」ボタンで選択画面が表示されます。

入力し終わったら「Continue」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180512190448j:plain

上の赤枠を入力して、「Submit」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180512190730j:plain

送信中です。

f:id:kaciy_discovery:20180512190853j:plain

送信が完了しました。