Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「Windows Defender」のランサムウェア対策の設定方法

Windows Defender」のランサムウェア対策の設定方法を紹介します。

 

説明

Windows 10 April Update 2018のWindows Defenderで説明します。

Windows Defenderのランサムウェア対策機能は、ランサムウェアから保護することができますが、正確には保護しているフォルダー(中にあるファイルも含む)を許可していないアプリが変更しないようにする機能になります。

Windowsに標準搭載されているアプリでも、最初から除外されていない限り保護されます(ファイルの作成や変更などができない)。

初期設定では機能が無効になっていますし、自分で設定する必要があるので、機能や使い方を理解していないと使いこなせず保護できません。

最初から除外されているアプリがあり、マルウェアがそれを悪用することで保護を回避することができるとの専門家の調査結果があるので、確実に防げるわけではありません。

 

保護を有効・無効にする

f:id:kaciy_discovery:20180505184205j:plain

「ウイルスと脅威の防止」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180505184230j:plain

ランサムウェアの防止」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180505185814j:plain

矢印の部分を押します。

f:id:kaciy_discovery:20180505185846j:plain

「オン」になります。

後は目的に応じて保護したいフォルダーを設定したり、許可するアプリを設定すればいいです。

 

保護されているフォルダー

保護するフォルダーを設定します。

f:id:kaciy_discovery:20180505185929j:plain

最初から登録されているフォルダーがあります。

保護するフォルダーを追加する場合は、「保護されたフォルダーを追加する」を押します。

フォルダ選択画面が表示されるのでフォルダを選択します。

f:id:kaciy_discovery:20180505190443j:plain

削除する場合は削除するフォルダーを選択して「削除」を押します。

最初から登録されているフォルダーは削除することができません。

 

アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する

保護しているフォルダー(中にあるファイルも含む)の変更ができるように、指定したアプリを許可する設定です。

f:id:kaciy_discovery:20180505190614j:plain

許可するアプリを追加する場合は「許可されたアプリを追加する」を押します。

フォルダー選択画面が表示されるのでフォルダーを選択します。

f:id:kaciy_discovery:20180505191119j:plain

追加されました。

f:id:kaciy_discovery:20180505191136j:plain

削除する場合は選択して「削除」を押します。