Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「COMODO Internet Security」の設定方法 (高度な保護)

「COMODO Internet Security」の設定方法を紹介します。

今回は「高度な保護」です。

 

「Comodo Internet Security」の使い方

 

ウイルススコープ

f:id:kaciy_discovery:20180303165303j:plain

●ウイルススコープを有効にする

プロセス(アプリケーション)の挙動を分析して、不審な挙動をしている場合に検知するかを設定します。発見されていないマルウェアを検知するために重要な機能なので、特別な理由がない限り有効にしておいたほうがいいでしょう。

●ポップアップアラートを表示しない

ウイルススコープで検知された場合に警告を表示するかを設定します。

●コンテナ内のアプリケーションのみ監視する

「制限付きで実行」と「仮想化して実行」で実行されているアプリケーションのみ、ウイルススコープで監視します。それ以外の条件で実行されているプロセス(アプリケーション)がマルウェアの場合に検知できないので(ウイルススコープで)、セキュリティを高めたい場合は無効にしておいたほうがいいでしょう。

 

スキャンの除外

f:id:kaciy_discovery:20180303165324j:plain

誤って検知される場合に検知から除外します。

●除外するパス

ファイルグループ、ファイル、フォルダ、を指定できます。

●除外するアプリケーション

アプリケーションのみを指定できます。

●除外する証明書認証機関

証明書の認証機関を指定できます。指定した認証機関で署名されたアプリケーションは検知しないようになります。

 

その他

f:id:kaciy_discovery:20180303165347j:plain

●指定したアプリケーションについてヒューリスティックコマンドライン分析を行う

ヒューリスティック分析を行うかを設定します。発見されていないマルウェアを検知するために重要な機能なので、特別な理由がない限り有効にしておいたほうがいいでしょう。

●指定したアプリケーションでシェルコードインジェクションを検出しない

バッファオーバーフロー攻撃から保護するための機能です。脆弱性を悪用した攻撃を防ぐための重要な機能なので、有効にしておいてください。バッファオーバーフロー脆弱性は多くのアプリケーションであり、これを利用した攻撃はとても多いからです。

●他のソフトウェアが、インストールされているブラウザーの現在の設定を変更しようとした場合にアラートを表示する

ソフトウェアをインストールする時にブラウザの設定が変更される場合があるので、変更されるのを保護するためにも有効にしておいたほうがいいでしょう。

●不審な証明書を自動的に取り除かない

信頼できない証明書を自動で削除しないようにします。有効にしておいたほうがいいかもしれません。

 

セキュアショッピング

f:id:kaciy_discovery:20180303165409j:plain

●セキュアショッピング保護を有効にする

ネットショッピングサイトを利用時に脅威から保護します。

ネットショッピングサイトを登録する必要があります。

●新しいアラートが画面に表示されている時間を設定する

警告を表示している時間を設定します。

●セキュアショッピング保護に利用するブラウザー

ブラウザを選択します。

 

f:id:kaciy_discovery:20180303185321j:plain

ウェブサイトを追加します。ネットショッピングサイトは「https」で始まるURLになります。トップのページを登録します。