Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「COMODO Internet Security」の設定方法 (ファイル評価)

「COMODO Internet Security」の設定方法を紹介します。

今回は「ファイル評価」です。

 

「Comodo Internet Security」の使い方

 

ファイル評価の設定

f:id:kaciy_discovery:20180303160740j:plain

クラウドルックアップを有効にする

クラウド上でファイルを調べて安全性を評価します。パソコン内で調べるよりもより高度な判定ができるので、有効にしておいたほうがいいでしょう。

●分析を短時間で行うため、不明なファイルをアップロードしてクラウドで分析する

有効にしておいたほうがいいでしょう。

●不明なファイルのメタデータクラウドにアップロードする

不明なファイルのメタデータ(ファイルの作成者や作成日など)を送信するかを設定します。送信しなくても分析にはあまり影響はないかもしれませんが、この設定があるので分析に役立つと思われます。

●ポップアップアラートを表示しない

クラウド上でマルウェアと判断された場合に警告表示を表示しないようにします。自動で駆除されます。

●指定したベンダーによって署名されたアプリケーションを信頼する

アプリケーションには本物と証明するための署名があり、指定したベンダー(アプリケーション開発者)の署名を信頼するかを設定します。

標準ではあまり信頼できるとは言えないベンダーも登録されているので、私は無効にしておいたほうがいいように思います。

署名データが盗まれて改変されたマルウェア付きのアプリケーションが配布されることも発生しているので、署名されているからと言って信頼できる(安全)とは言えないのが現状です。

●信頼できるインストーラーによってインストールされたファイルを信頼する

「指定したベンダーによって署名されたアプリケーションを信頼する」と同じです。

●望ましくない可能性のあるアプリケーションを検出する

詐欺的、セキュリティ上よくない動作をする、ブラウザの設定を変更する、などあまりいいとは言えないアプリケーションを検出するかを設定します。最近はこれらのアプリケーションはとても多いので、有効にしておいたほうがいいでしょう。

 

ファイルグループ

f:id:kaciy_discovery:20180303163918j:plain

ファイルグループを設定します。

上級者向けなので分からないのであれば何もしないほうがいいです。

 

ファイルリスト

f:id:kaciy_discovery:20180303164405j:plain

ファイルが信頼できるかを設定します。

変更する場合は「評価」の列の各項目の部分を押すと、メニューが表示されるので選択します。

 

分析依頼したファイル

f:id:kaciy_discovery:20180303164712j:plain

分析依頼したファイルが表示されます。

 

信頼できるベンダー

f:id:kaciy_discovery:20180303164756j:plain

信頼できるベンダーを設定します。