Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「Kaspersky Free」のWeb Anti-Virusの設定方法

Kaspersky Free」のWeb Anti-Virusの設定方法を紹介します。

 

「Kaspersky Free」の紹介と使い方と性能評価

 

Web Anti-Virusは危険なウェブサイトをブロックしたり、マルウェアのダウンロードをブロックする機能です。

 

Web Anti-Virusの設定画面を表示する

f:id:kaciy_discovery:20171230151551j:plain

「Settings」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20171230193847j:plain

左側の「Protection」を選択して、「Web Anti-Virus」を押します。

 

Web Anti-Virusの設定方法

f:id:kaciy_discovery:20171230194118j:plain

●Web Anti-Virusの右側のスイッチボタン

ウェブ保護機能の無効化と有効化をします。

●Security level

「High」は高、「Recommended」は中、「Low」は低、のセキュリティ強度です。高くするほど強度は高くなりますが、安全なのに誤って危険と判断する可能性が高くなります。

個人情報やお金関係を扱っているのであれば、「High」がいいかもしれません。

●Action on threat detection

検知した時にどうするかを設定します。

「Select action automatically」は自動、「Block」はブロック、「Allow」は許可、です。基本的に初期設定の「Select action automatically」でいいです。

●Advanced Settings

詳細に設定できます。「Advanced Settings」を見てよく分からないのであれば、「Security level」を設定するだけでもいいです。誤った設定をすると保護性能が低くなってしまうからです。

 

Advanced Settingsの設定方法

f:id:kaciy_discovery:20171230194743j:plain

Kaspersky Protection extension

・Automatically activate Kaspersky Protection extension in browsers

ブラウザの拡張機能を自動で有効にするかを設定します。ブラウザには自動で追加されますが、手動で有効にしないと有効化されません(Chromeの場合)。

●URL Advisor

・Chrck URLs

URLを調べるかを設定します。

「On all websites except those specified」は指定されたウェブサイト以外全て、「On specified websites only」は特定のウェブサイトのみ、調べます。

理由がない限り「On all websites except those specified」を選択してください。

・Manage exclusions

除外設定をします。ここで設定したURL(ウェブサイト)はスキャンしなくなります。安全なウェブサイトが誤ってブロックされる場合に設定します。

f:id:kaciy_discovery:20171230201850j:plain

追加する場合は「Add」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20171230201910j:plain

「Web address mark」にURLを入力、「Status」を選択(有効状態は「Active」、無効状態は「Inactive」)、「Add」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20171230202107j:plain

削除する場合は項目を選択して、「Remove」を押します。変更する場合は「Edit」を押します。

●Configure URL Advisor

URLアドバイザーの設定をします。ウェブサイトが特定の種類の場合に情報を表示するかを設定します。

f:id:kaciy_discovery:20171230202526j:plain

ウェブサイトの種類を選択します。

●Configure trusted URLs

安全なウェブサイトが誤ってブロックされる場合に設定します。

f:id:kaciy_discovery:20171230203151j:plain

追加する場合は「Add」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20171230203212j:plain

「Web adress mark」にURLを入力、「Status」を選択(有効状態は「Active」、無効状態は「Inactive」)、「Add」を押します。

f:id:kaciy_discovery:20171230203316j:plain

削除する場合は項目を選択して、「Remove」を押します。変更する場合は「Edit」を押します。

●Additional

・Check the website for malware

ウェブサイトにマルウェアが含まれてるかを調べるかを設定します。これを有効にしていないと、ダウンロードされる前にブロックしてくれないので、有効にしておいてください。

・Check the website for phishing

フィッシングサイトかを調べるかを設定します。これを有効にしていないと、フィッシングサイトをブロックしてくれないので、有効にしておいてください。

・Use Heuristic Analysis

ヒューリスティック技術を使用してフィッシングサイトかを判定するかを設定します。フィッシングサイトは次々と新しいURLで作成されるので対応が追いつかないなどがあります。有効にしておいたほうがいいでしょう。

・Check the website for advertising

広告のウェブサイトかを調べて通知するかを設定します。基準は分かりませんが、推測ですが悪質性の高い広告や迷惑すぎる広告が表示されるウェブサイトだと思われます。

・Check if the website can be used by criminals to damage your computer or personal data

ウェブサイトがコンピュータや保存されているデータに、影響を与えることができるかを調べるかを設定します。