Kaciy Discovery

ソフトウェアの配布、プログラミング、セキュリティ、ソフトウェア紹介、など。

「Comodo Internet Security」の使い方 - 無料のセキュリティソフト

ファイアウォール性能が高く、サンドボックス機能がある無料のセキュリティソフト「Comodo Internet Security」を紹介します。

 

情報

種類:セキュリティソフト

料金:無料、有料

開発:COMODO

対応OS:Windows

 

説明

無料版は機能制限がありますが保護機能での制限はなく、違いは付加的な機能やサポートがないことぐらいです。

マルウェアの検知性能は少し低いようですが、最近は性能が良くなっているようです。

「HIPS」や「サンドボックス」、挙動を解析してマルウェアを検知する「ウイルススコープ」などの機能を適切に使用すれば、AviraやAvastなどよりも多くのマルウェアから防げる可能性が高まります。

ファイアウォールは他の多くのセキュリティ製品と比べて性能はとても高く、高い評価を得ているカスペルスキーに並ぶ性能と評価されています。

一部の設定や操作は分かりにくいなど、初心者向きではない部分があります。特にHIPSは自分で判断する必要があるので、中~上級者でないと難しいです。HIPSは初期状態では無効になっています。

自動でファイルを分析依頼する機能はありますが、手動で分析依頼できる機能があります。これは便利な機能ですが、他の多くのほとんどのセキュリティソフトにはありません。検知しないけど怪しいファイルがある場合に、安全性を確認してもらえます。

 

機能

マルウェア対策

・HIPS (システムを保護する機能)

サンドボックス (実環境に影響を与えることなくソフトウェアを実行することができる機能)

ファイアウォール

・ウェブサイトフィルタリング (危険サイトからの保護)

・セキュアショッピング

 

ウェブサイト

公式サイト

ダウンロードページ

 

ダウンロードとインストール

ダウンロードとインストール方法

 

使い方

保護機能の無効化と有効化の方法

スキャン方法

設定方法 (アンチウイルス)

設定方法 (ファイアウォール)

設定方法 (HIPS)

設定方法 (コンテナ仮想化)

設定方法 (ファイル評価)

設定方法 (高度な保護)

設定方法 (Webサイトフィルタリング)

ソフトウェアを仮想化して実行する方法

検知時の表示と対処法

隔離されたファイルの処理

ファイルの分析依頼の方法